ご相談者様の問題を“解明”から“解決”まで徹底的にサポートする総合探偵社PRIDE(プライド)です。

全国対応 相談無料

総合探偵社PRIDE(プライド)

お問い合わせ 365日24時間受付中

フリーコール 0800-919-8970

お問い合わせフォーム

盗聴・盗撮その先に…


昨今、日々各法令の整備が進み、警察組織も様々な犯罪に対応できるよう、犯罪を企てる者と一進一退を続けてきたわけですが、盗聴に関しては、その行為を直接取り締まる法がまだ整備されていません。
盗聴が行われるのには様々な理由がありますが、この特集ではストーカー問題に絡めてこの問題について考えたいと思います。

2000年5月24日に「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」が成立し、同年11月24日から施行。

「警察庁は2012年8月9日、ストーカーなどの被害者への対応を巡る警察批判が相次いでいることを受け、被害届を原則として「即時受理する」方針を決め、全国の警察本部に通達を出し、徹底するよう指示した。」
<警察庁が公表した施策の骨子>
被害に苦しむ人に応える警察の確立
●被害届は即時に受理
●相談の受理部門と処理部門を分離
●女性警察官が24時間対応できる体制整備

上記の法令等を踏まえ、警察もかなり柔軟に対応してはいますが、実際にはストーカー被害の延長線上における傷害・殺人事件が後を絶ちません。
の指示が出される直接のきっかけとなったのは、2011年12月に長崎県西海市で女性2人が殺害されたストーカー事件です。警察官がこの問題を事件として立件できるかどうかを検討している間に起きてしまったケースですが、それだけ難しい問題と言えます。
この指示によって、今後ストーカー問題への対応はかなり改善することが見込めそうですが、それにはまだしばらく時間がかかってしまうことが考えられます。

ストーカーが最初から凶悪であるということは稀で、ストーキングされている人が気がつかない間にエスカレートし、実害を及ぼすに至ります。初めは遠くから見ているだけですが、やがて盗聴器・盗撮器を仕掛けに来たり、物を盗む、あるいは届けに来たりと徐々に距離が近づいてくるのです。
ストーカー化した人間は、「待ったなし」です。自らが抱く理想が大きくなって周りが見えなくなります。好意を抱いている対象の意思さえも視野に入らなくなります。
そして、その状態で好意を寄せている対象との距離が近づけば近づくほど、現実と理想とのギャップを突き付けられ、独善的な価値観でしか判断できないので、極端な行動に及び、最悪の結果になってしまいます。

盗聴器・盗撮器を使用するストーカーの場合、「一度危険を冒すだけ」で、継続的に対象のプライベート情報を得ることが出来てしまいます。このストーカーが慎重かつ几帳面な人物であった場合、機材を仕掛けられた事実どころか、家に侵入されたことにさえも気付けないかもしれません。
賃貸アパート等に入居する際に調べてみたら、盗聴器・盗撮器が仕掛けられていたということもありました。これはすなわち、前の住人が仕掛けてから退去したか、あるいは仕掛けられていることに気がつかずにずっと盗聴・盗撮されていたということです。

比較的軽微な事例は、今回警察庁から出された指示により、ある程度対応が可能かもしれませんが、やはり人間関係、こと男女間の問題は人それぞれにそこに至る背景が異なりますから、全ての事例に対応するのは難しいというのが実情ではないでしょうか。

ストーカー関連の事件が起きる度に、「こうなる前に何か打つ手があったのではないか」と歯がゆい気持ちでいっぱいになります。
例年、人肌恋しくなる秋のシーズンからクリスマスの時期までに今回取り上げたような問題が多発する傾向があります。理不尽な理由によって生活の安全が脅かされる前に、積極的に対策を打つことが重要です。

私たち総合探偵社PRIDE(プライド)では、時に凶悪な事件へと発展することもある盗聴・盗撮に対し、それによる被害を未然に防ぐために、御相談者様それぞれに合った事前対策・対処法のご提案に力を入れており、警察に対しての情報提供等も含めアフターフォローの体制も万全に整っております。
問題の早期解決に向け全力でお手伝いさせて頂くことをお約束いたします。是非当探偵社をお役立ていただき、安全で安心な生活を自らの手で実現しましょう!

ストーカー対策 関連コンテンツ

  • ストーカー対策
  • メディア掲載情報

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑他社探偵さんのブログはこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

365日24時間
お問い合わせを受け付けております

365日24時間受付中

0800-919-8970

インターネットでお問い合わせ

お問い合わせフォーム

※FAXでのお問い合わせも受け付けております。詳細はお問い合わせページをご覧ください。
※上記の電話番号をタップしていただくと、電話をかけるスタンバイ状態になります。

▲ PAGE TOP